山口市議会議員 重見秀和の山口ホットライン


山口市議会議員重見秀和の日々の活動をお伝えします
by hidekazu_shigemi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


新地方行革指針策定

総務省が新しい地方行革指針を策定し、地方公務員の人員削減など9項目について各自治体が5年間の施策を明らかにした集中改革プランを明らかにしました。いまから5年間で自治体がどれだけの改革が出来るかを数値目標を掲げ検証するようです。
山口市は10月に合併を控え、人員削減目標も明らかにしていますが、どの様に削減していくのか、など細かなことは今から決めていかなければなりません。
議員としても国が出した行革の指針にのって市がどれだけの行革を実行できるかは注視をしていかなければならないと思っています。
[PR]

by hidekazu_shigemi | 2005-03-29 09:47 | 重見秀和の日記

雪景色

3月も末だというのに雪がつもりびっくりしました。もうスグ春だと思いHPも桜にしたのですが。この冬最後の寒さでしょうか。はやく春がきて欲しいものです。
[PR]

by hidekazu_shigemi | 2005-03-25 09:46 | 重見秀和の日記

高齢者街なか居住支援センター設置へ

今年、山口市の中心市街地で、空き家がどれだけあるかという実態調査が行われました。当初は空き家を借り上げて市営住宅などとし、一般の方に貸し出すなどの検討がなされましたが、実行はなかなか難しいらしく実現に入ったっていませんでした。とりあえずは情報提供ということで、山口市に支援センターが出来ることが決まりました。
山口市中心市街地の空き家が減り、人口が増加することを期待しています。
[PR]

by hidekazu_shigemi | 2005-03-24 09:18 | 重見秀和の日記

山口の名物料理ができるか?

山口商工会議所が中心となり、山口名物料理創出推進会議が発足しました。新市の発足に向け、山口市が誇れる名物料理を作ろうというのがその趣旨だそうです。合併後の山口市は、山、海、川などの豊富な食材に恵まれており、これらを使ってどの様な料理が出来てくるか大変楽しみです。
[PR]

by hidekazu_shigemi | 2005-03-23 09:17 | 重見秀和の日記

3月議会終了

先ほど3月議会の討論採決が行われ、終了いたしました。
未来クラブとしては、予算全体をとおして包括的予算制度の運用や、行政評価サイクルの今後の課題や、合併に向けての更なる行財政改革の必要性について意見をのべて賛成討論といたしました。
この1ヶ月間かなり忙しかったのでようやく終わったと、ほっとしています。
[PR]

by hidekazu_shigemi | 2005-03-22 13:48 | 重見秀和の日記

経済委員会終了

経済委員会での予算の審議等は終了しました。商工観光はよく理解できるのですが、農業や林務水産などは、よくわからないのが弱いところです。ひとつ面白いなと思ったのは、予算の執行においても、あらかじめ、予算額は大きくとっていても、予算があるから何でもやってしまえ、ということではなく、中身をチェックして無駄がないように執行している、というケースがありました。役所の方のご努力には頭の下がるおもいです。
またハードの整備をお金をかけてやることだけではなく、そこにソフトとしての中身の充実を求める姿勢も評価できると思います。
われわれ議員もですが、今までは議員としてもいろいろな事業を市に対してやってもらうことばかり、お願いする傾向にあったと思いますが、この財政状況が厳しい中、単にお金を使うことだけでなく、それに対する効果や、ソフト面の整備、市民の参画度合などを含め、費用対効果の高い使い方をすることが大切だと感じました。それでこそ行政の「経営」という感覚が出てくるのではないかと思います。予算の審議を通じて、経営という感覚が少しずつでも浸透はしてきていると実感しました。
[PR]

by hidekazu_shigemi | 2005-03-18 17:15 | 重見秀和の日記

ピカソ展

ピカソ展に行ってきました。すごい人だかりであまり見られませんでしたが、あまり美的感覚のない私でも素晴しい作品だなーと感動しました。このような本物に触れ合える機会というのはめったとありませんので、素晴しい機会だったと思います。
山口市内の商工業者さんのご協力で、町中がピカソ展の案内だらけになっているおかげで、この盛り上がりがあることでしょう。商店街にもだいぶ人が流れたのではないでしょうか。
a0002265_1613682.jpg

[PR]

by hidekazu_shigemi | 2005-03-14 16:00 | 重見秀和の日記

一般質問おわりました

昨日一般質問が終わりました。財政が厳しい状況で、行財政改革を前倒しで実行してべきとの主張は残念ながら、市長には受け入れられませんでした。理由は合併で職員が忙しいこと、また合併後にまた同じ作業をしなければならないため、作業の無駄になることでした。
2回目の質問で、市長の前回の選挙の時、財政危機を官から民への構造改革で改善する、という主張をされていたので、それを取り上げ、具体的な行財政改革を訴えたのですが、市長から帰ってきた答弁は、大まかに言うと「確かに官から民への構造改革は具体性がなく、名前だけになっている面は否めない、しかしその看板を掲げていることに意義がある」という答弁でした。具体的な実行を求めていただけに、看板倒れになっていることを市長が大筋で認めた答弁となり、残念な結果でした。これで合併までに前向きな行財政改革は進まないことが確定しました。財政難を改善するための抜本的な行財政改革を求める市民の声を届けられなかったことに、議員として責任を感じています。今後も合併の前後の大事なこ時期に、出来るところからの行財政改革の推進を市長に求め、税金の増加であるとか、行政サービスの大幅な低下を避けられるよう、全力を尽くしたいと思います。
[PR]

by hidekazu_shigemi | 2005-03-10 18:39 | 重見秀和の日記

今日から一般質問

今日から一般質問が始まります。私の一般質問は、9日水曜日の午後からになります。傍聴も出来ます。市役所の議会党にきていただいて、手続きをすれば、傍聴可能です。是非お越しください。
[PR]

by hidekazu_shigemi | 2005-03-07 09:00 | 重見秀和の日記

質問通告しました

テーマは行財政改革です。通告の内容は
ア 行財政改革について
   ①市民への説明責任
   ②民間活用ガイドラインの早期実行
   ③市民参画のあり方
   ④職員採用及び改革が遅れることのコスト計算
   ⑤官から民への構造改革の具体的実行手順
   ⑥ローカル・マニフェストと最後の予算編成を終えての評価

という以上の項目について質問します。
具体的な質問内容は①は山口市の財政が厳しいということをわかりやすく市民に説明し、出来れば改善策も含めて、わかりやすくメッセージを送る必要があるのではないか?
②は市が策定している民間活用ガイドラインがあるのですが、ガイドラインの内容はいいのですが具体的な実行時期が明示されていないので早期の実行を求めています。
③は市民参画のあり方としてさまざまな新規事業があるのですが、市民参画を求めるにあたっての理念、及び行財政改革にどの様に寄与するのか?
④は職員採用は一人つき生涯賃金約3億円を支払わないといけませんが、民間ガイドラインでの官と民の仕事の明確化をした後、どの様な職員削減策を考えているか?また改革が遅れると毎年毎年採用を減らすことが出来ないので、その分、将来の支払義務が増加することをどの様に考えておられるか?
⑤合併後の組織に行革をする行政推進課が出来ることになっているが、今すぐ行革は行うべき、具体的には4月以降、市長がトップになった改革組織を立ち上げるべきでは?またどの様な推進プログラムを考えているか?
⑥市長はローカル・マニフェスト推進首長連盟に加入されておられるが、官から民への構造改革を公約に当選されたが、就任からこれまでで実現できたと考えておられるか?出来てないと考えられるか?また今後官から民への構造改革の道筋をどの様につけるのか。お考えをお聞かせいただきたい。

というのが大まかな質問内容です。ケーブルテレビで3月9日の夕方ごろ見れると思いますのでお時間のある方は是非ご覧ください。

それから先日のブログのサンフレッシュの記事に対していろいろな方からご意見を頂きました。私がお伝えしたかったのは、サンフレッシュの委託が市の公営施設管理公社に決まったことを非難しているわけではありません。現実的に、管理公社とシルバー人材センターしか申し込みがなく、今の現状では、民間の引き受け会社がないわけですから、残念ながら都会のように民間企業が多数手を上げてくれる状況にないわけです。ですから今の現状では致し方ない面が多いと思っています。私が残念だと言ったのは、官から民への構造改革を公約にしている市長が、マスコミの取材に対して、官から民への移行については「あまり意識しなかった」と答えておられていることについてです。いろいろな側面で行財政改革を推進しなければならない市長がどういうシチュエーションであれ「あまり意識しなかった」とこたえられたことが残念だということが言いたかったわけです。せめて「民間の企業に応募して欲しかったが残念ながら応募がなかった。官から民への構造改革にご理解を頂き、今後の公募には積極的な参加をお待ちしています」というメッセージを発信して欲しかった、ということです。
[PR]

by hidekazu_shigemi | 2005-03-02 16:23 | 重見秀和の日記